情報メニューへもどる / 曲の一覧へもどる

■曲の情報
(CH)」は外部リンクです。 「The Cyber Hymnal™」(英語)の情報を、許諾を得て共有しています。

150番「主の復活、ハレルヤ」

前の番号の曲 次の番号の曲


作詞はタンザニアのキヤマニワ牧師。彼はミッション運営の施設で育ち、教師として働いた後、牧師となり、聖書の翻訳事業に参加、自国語讃美歌の創作を担う。この讃美歌はその成果の一つ。旋律は、西洋風の旋律がタンザニアの民謡のように定着したものではないかと言われている。生き生きとした三拍子で主の復活の喜びをほめ歌いたい。『讃美歌21』より収録。
TUNE = MFURAHINI, HALELUYA
初行 = Mfurahini, haleluya
分類 = イエス・キリスト・復活と昇天
主題 = キリストの復活と昇天 
聖句 = ルカの福音書24章1-12節, コリント人への手紙第一15章54-57節
採用歌集番号 = 『讃美歌21』333番

作詞:Bernhard Kyamanywa,1938-
作曲:タンザニア民謡

著作権情報
作詞:©The Lutheran World Federation. Used by permission.
訳詞:©讃美歌改訂委員会(日本基督教団)
編曲:©KD


お持ちの『教会福音讃美歌』が以下に該当する方には変更のお知らせがございます。
どれに該当するかは、お持ちの本の一番最後(1040ページ)をご覧ください。

初版もしくは第2刷もしくは第3刷をお持ちの方へ
 楽譜=拍子記号「4/4」を「3/4」に修正