情報メニューへもどる / 曲の一覧へもどる

■曲の情報

371番「とこしえの父の神に」

前の番号の曲 次の番号の曲


十字架の愛と赦し、救いの恵みを、率直な語り口で親しみ易いメロディーにのせ歌う現代ドイツの讃美歌です。「くりかえし」の歌詞はミカ書7:19「私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れてください」からとられています。ドイツの福音主義教会や敬虔主義の流れを組む地域を中心に愛唱されています。
(CH)」は外部リンクです。
『教会福音讃美歌』の情報ページでは「The Cyber Hymnal™」の許諾を得て情報を共有しています。

TUNE = VERGISS NICHT ZU DANKEN
初行 = Vergiss nicht zu danken
分類 = 信仰の歩み・喜びと感謝
主題 = 感謝 赦し 喜び 
聖句 = ミカ書7章19節, 使徒の働き1章8節, ピレモンへの手紙6‒7章
作詞:Heino Tangermann,1910-1988
作曲:Paul John Ongman,1895-1957

著作権情報
作詞:©Haus der Musik, Wiesbaden(Germany)
訳詞:©中山信児