情報メニューへもどる / 曲の一覧へもどる

■曲の情報
(CH)」は外部リンクです。 「The Cyber Hymnal™」(英語)の情報を、許諾を得て共有しています。

152番「この日夜は明けて」

前の番号の曲 次の番号の曲


作詞はボヘミアのニコラウス・ヘルマン。彼は、こどもの礼拝のために聖句を歌にする歌集を著し宗教改革に貢献した。152番と146番はどちらも、14節あった原作からの抜粋。特に2~4節は、復活の出来事が客観的に歌い込まれている。旋律は英国の作曲家J.W.エリオットによる。難しいリズムは一切無く、理にかなったメロディーの動きに新鮮さを感じながら歌いたい。『聖公会聖歌集』より収録。
TUNE = CHURCH TRIUMPHANT
初行 = Erschienen ist der herrlich Tag
分類 = イエス・キリスト・復活と昇天
主題 = キリストの復活と昇天 
聖句 = マタイの福音書28章1-10節
採用歌集番号 = 『聖公会聖歌集』175番

作詞:Nikolaus Herman,1500-1561 (CH)

作曲:James William Elliott,1833-1915 (CH)

著作権情報
訳詞:©日本聖公会