情報メニューへもどる / 曲の一覧へもどる

■曲の情報

62番「主の民久しく」

前の番号の曲 次の番号の曲


生涯に6,500の讃美歌を書いたと言われる18世紀のメソジスト作詞家、チャールズ・ウェスレーによる待降・降誕の讃美歌。曲はこのCROSS OF JESUSの他、STUTTGART(『讃美歌21』)、原詩の8行、2節を採用したHYFRIDOL(『インマヌエル讃美歌』)などでも歌われています。
(CH)」は外部リンクです。
『教会福音讃美歌』の情報ページでは「The Cyber Hymnal™」の許諾を得て情報を共有しています。

TUNE = CROSS OF JESUS
初行 = Come, thou long-expected Jesus
分類 = イエス・キリスト・待降
主題 = 待降 
聖句 = ルカの福音書2章10節, ガラテヤ人への手紙4章4-5節
採用歌集番号 = 『聖公会聖歌集』51番

作詞:Charles Wesley,1707-1788 (CH)

作曲:John Stainer,1840-1901 (CH)

著作権情報
訳詞:©日本聖公会