情報メニューへもどる / 曲の一覧へもどる

■曲の情報
(CH)」は外部リンクです。 「The Cyber Hymnal™」(英語)の情報を、許諾を得て共有しています。

73番「幼子が飼い葉桶」

前の番号の曲 次の番号の曲


作詞・作曲を手がけたチャールズ・ゲイブリエルは、今日までよく歌われている讃美歌を多数作っている人気シンガーソングライター。19世後半、アイオワの農場で生まれた彼は、少年の時代に家にあったリード・オルガンを弾き始める。天賦の才能に恵まれ、生涯、教会音楽に貢献した。飼い葉桶で眠るイエス様の吐息を思わせる二つの和音の繰り返し、リフレインの率直な信仰の告白がこの讃美歌の魅力である。
TUNE = DEAR LITTLE STRANGER
初行 = Low in a manger
分類 = イエス・キリスト・降誕
主題 = キリスト、御子なる キリストの降誕 
聖句 = ヨハネの福音書1章1-3節
採用歌集番号 = 『聖歌』137番 (改訳)

作詞:Charles H. Gabriel,1856-1932 (CH)

作曲:Charles H. Gabriel,1856-1932 (CH)

著作権情報
訳詞:©下山羊和