情報メニューへもどる / 曲の一覧へもどる

■曲の情報

89番「栄光とわに 王なる御子に」

前の番号の曲 次の番号の曲


歌詞はチャールズ・ウェスレーの作に、ジョージ・ホィットフィールドが手を加えたもの。曲はフェリックス・メンデルスゾーンの(作曲者自身は宗教曲に向かないとしていた)「祝典歌」の一部をW・H・カミングスが採用し、この讃美歌は世界的に広まりました。真の神であり、真の人であるキリストによる神と人との和解を歌っています。
(CH)」は外部リンクです。
『教会福音讃美歌』の情報ページでは「The Cyber Hymnal™」の許諾を得て情報を共有しています。

TUNE = MENDELSSOHN
初行 = Hark! the herald angels sing
分類 = イエス・キリスト・降誕
主題 = 栄光、キリストの 王なるキリスト キリストの降誕 
聖句 = イザヤ書9章2節, ルカの福音書2章8-14節, ガラテヤ人への手紙4章4節
採用歌集番号 = 『讃美歌』98番 (改訳)

作詞:Charles Wesley,1707-1788 (CH)

作曲:Felix Mendelssohn,1809-1847 (CH)

著作権情報
訳詞:©河村従彦